お茶摘み


奈良の実家では、この時期は毎日朝から晩までお茶摘みをします。昼間はお茶を摘み、夜はその茶葉を大きな鍋で炒って、筵に広げて熱い内に手で揉みます。家中、新茶の良い香りが漂います。生まれた時からこのお茶で育っているので、我が家にとっては無くてはならない大切なお茶です。素朴なお番茶ですが、夏は冷たくして冬は熱いお湯で沸かして頂きます。実家ではお茶粥にも使います。天日干しにして太陽の恵みをいっぱい浴びたこのお茶はビタミンたっぷりカフェイン無しの母自慢の健康茶です。
c0239345_10443519.jpg
c0239345_10411170.jpg
c0239345_10414387.jpg
c0239345_10421001.jpg

[PR]
by seed_of_applemint | 2016-05-23 10:22 | 手しごと
<< 昆布の佃煮 流氷を求めてオホーツクの旅 >>